家庭で勉強する環境作り

家庭学習のあれこれ

家庭で勉強する環境作り認める力家庭教師の教え方失敗しない家庭教師利用法Q&Aお問い合わせ




 家庭で勉強する環境作り

家庭学習を根付かせるための努力を惜しまない

家庭教師を雇うということは、放課後学習として自宅で勉強をするということ。子供は特に遊びたがりなので”勉強”に楽しみを見いだせない、学習を進んでやる意欲を保つのは至難の業です。勉強が好きでたまらないと考える子供はほとんどいないため、家庭教師を雇う段になって実際に学習指導をしてもらっても、長い期間と費用をかけても効率が上がらなかったりますます勉強嫌いになる子供が増えるケースも散見されます。

このページでは家庭教師を雇う前に一度考えてみて欲しい”家庭学習のための土台作り”について、管理人の考えを載せています。

勉強に対する意欲向上が最優先

塾や家庭教師、学習塾などは学校以外で講師に勉強を教えて貰うことを目的としていますが、このどれもが成績アップの要因に”学習意欲”が絡んでいるのは言うまでもありません。勉強する気のない子供がどれだけ勉強しても知識・学習で得た知識の吸収が良くなることはなく、勉強に意識が向いていない限りはのれんに腕押しの状態です。

事実として、塾や家庭教師を利用する親御さんが抱える理由のほとんどは”勉強不足による成績低下”であって、勉強に対する意識の低さが成績を下げていることを理解しているのです。したがって、成績アップはもちろん目的の一つとして据えておき、裏の目的としては「勉強する習慣をつける」「勉強の楽しみを教える」=「勉強への意識を高める」ことにあると言っても過言ではないでしょう。

幼少期、特に幼稚園から小学生、中学生までの間に勉強する意識と環境をつくることができればそうそう成績が落ちることはないと考えられ、残るは効率の良い勉強方法の模索だけです。成績が上がらない最大の理由は”学習意識の欠如”なので、親や教師はまず第一に勉強する意識を育てることが肝要です。

家庭教師を利用した家庭学習の効果を高めるために

学習環境の土台作りは何のノウハウも持たない親御さんだと少々難しいものです。そこで、家庭教師と一緒になって土台作りに励むのが一番でしょう。教えることを生業としているだけに、各年代毎に勉強を嫌う理由や苦手とする科目、勉強しない子供への対応ケース等に秀でているので、これを親御さんが学ぶ姿勢を持っていることも重要です。家庭教師を利用した学習は、お子さんだけでなく親御さんも学ぶ機会だということを覚えておきましょう。

pickup

ダイヤモンド ネックレス
http://www.jewelry-yano.com/
所沢 リフォーム
http://www.conomi-house.com/
老人ホーム 横浜
http://yokohama-roujinhome.com/
包茎手術
http://mens.firstbeautyclinic.jp/
ニキビ ノンケミカル
http://www.ce-parfait.com/

最終更新日:2015/3/2


Copyright 2008 家庭学習のあれこれ Allrights reserved.